福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > 暮らし > 子供 > 昔のおもちゃ 福井の気になるココ・モノ Vol.17
 

関連する記事:,
カテゴリ:子供, 暮らし, 趣味・スポーツ

福井で気になった場所や物を紹介します。

第17回目は、昔のおもちゃについてです。
もしかしたら、子どもよりも大人のほうがはまってしまうのかもしれません。

福井の気になるココ・モノ Vol.17


昔のおもちゃ

(福井県福井市順化)


なつかしくて、あたらしい。

 今回のはじまりは、私の子どもが家で遊んでいた独楽(コマ)。小学校一年生の子どもが器用に回していました。回せる?と聞かれて、あれっ?回し方の前に、ヒモのかけ方もわからないぞ・・・。子どもに教えてもらって、コマを回してみると、これが楽しい!懐かしくて新しい感覚です。慣れてくると、もっともっと回してみたくなります。近所にコマを売ってるお店がないかと、探してみると・・・。

冨士屋玩具

福井市順化大名町交差点から
すぐ近くのお店にありました。


冨士屋玩具とは・・・
冨士屋玩具(ふじやがんぐ)
創業1948年(昭和23年)。「懐かしいけど、新しい。」を心がけて事業を展開。
独楽(こま)、けん玉、羽子板、おまつりグッズなど、昔ながらのおもちゃ専門のリアル店舗・ネットショップを運営している。駄菓子やキャラクター文具もあり。


冨士屋玩具
お店を運営している藤井繁広さん(右)、 清江さん(左) ご夫婦。
冨士屋玩具
撮影中、近くの高校生が1000円でありったけの
駄菓子が欲しい!と駆け込んできました。



掲載内容は2016年09月号の取材・発刊時のものです。


(Flash 版)



想像以上に奥が深かった独楽(コマ)

 独楽(コマ)といっても、木の芯や鉄の芯、回転が続くように周りに鉄の輪がついたタイプもあります。ただ自重があるので、コマを地面にスムーズに着地させないと、芯がグラグラになってくるのだとか。これは難しい!1個650円ほどしますが、全て検品済で、欠陥品はハネているので安心ですね。


冨士屋玩具

木芯コマ

冨士屋玩具

鉄芯コマ


冨士屋玩具

コマはご主人が自ら色づけしている
こだわりのオリジナルカラー!

冨士屋玩具

コマを回す紐(ヒモ)。
太さや色の違い、組み紐・編み紐の
違いもありました。


 他にも、「みんなのけん玉 富士」というブナの木を一年間乾燥して作られているこだわりの国産けん玉や海外の方にお土産として人気の羽子板。金魚すくいやスーパーボールすくいで使うポイというすくい用品もありました。これは!お祭りで子どもがすぐに破ってしまうので、練習用に購入しました。お風呂場で練習させようかな。大人もワクワク&ドキドキ楽しめるお店でした。特価品も要チェックですヨ!


冨士屋玩具

みんなのけん玉  富士 1,296円

冨士屋玩具

海外へのお土産で人気の羽子板 1,382円

冨士屋玩具

ポイと呼ばれる、すくい用品組み立てセットは1本76円、スペア紙は100枚入り162円。

冨士屋玩具

ポイですくうおもちゃは、定番のスーパーボールやアヒル、金魚、恐竜など。

冨士屋玩具

くじ引きのセット商品。
30回4,860円、40回3,888円など、当たりや外れの有・無など内容が異なる。

独楽(こま)・風船・お手玉・けん玉、羽子板、おまつりグッズなどは、全てホームページからも購入できます。




冨士屋玩具

取材協力:「冨士屋玩具
住所 福井県福井市 順化1丁目13−19
電話 0776-22-3844
営業時間
 月~土 9:00~18:30
 日・祝 10:00~15:00
定休日 不定休(HPにて告知)

冨士屋玩具冨士屋玩具








カテゴリ:子供, 暮らし, 趣味・スポーツ

 




  1. まだコメントはありません。ぜひ最初のコメントをお願いします。



コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ