福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > 暮らし > 住まい > 薪ストーブKONOKA 福井の気になるココ・モノ Vol.31
 

関連する記事:,
カテゴリ:住まい, 暮らし

福井で気になった場所や物を紹介します。

第31回目は、薪ストーブ専門店についてです。
体の芯まで冷え込む時には、
薪ストーブで暖をとれると、最高なんだけれど…。
というわけで、薪ストーブ専門店で、聞いてみることにしました。

福井の気になるココ・モノ Vol.31


薪ストーブ専門店

(福井県越前市平出)


心から温まる薪ストーブに興味津々

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)


 2018年の1月、日本列島を襲った、大寒波。降り積もる雪にも道路の凍結にも、もうこりごり。こんな体の芯まで冷え込む時には、薪ストーブで暖をとれると、最高なんだけれど…。
 薪ストーブが高価なことは、なんとなく知ってはいますが、薪代って、どのくらいかかるのでしょう? 安ければ検討したいと思っています。薪割りなど焚き物の準備が手間ですが、DIYが好きな方なら、楽しんでできそうですよね。
 そこで、越前市の薪ストーブ専門店で、聞いてみることにしました。


薪ストーブについて教えてくれたのは…

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)
五十嵐 啓晃 さん

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)とは・・・
  平成20年11月開業、丸福木材株式会社が運営する、薪ストーブ専門店。自社専門スタッフが提案から施工・アフターケアまで全てを一貫して行っている。施工したお客様には、スギ・ヒノキなどの針葉樹の木材端材を無償提供。(端材は在庫状況により、提供出来ない場合もある。)日本暖炉ストーブ協会正会員。

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)

薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)
薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)

ピザも焼けます!


掲載内容は2018年02月号の取材・発刊時のものです。


(HTML5 版)


【薪ストーブの種類】

<クラシックタイプ>伝統的なデザイン

<クラシックタイプ>伝統的なデザイン

画像左
ヨツール JOTUL (ノルウェー)
暖房方式:幅射式
燃焼方式:クリーンバーン方式
最大薪長:50cm
定価:464,400円(税込)


<モダンタイプ>シンプルなデザイン

<モダンタイプ>シンプルなデザイン

画像左
スキャン SCAN (デンマーク)
暖房方式:対流熱式
燃焼方式:クリーンバーン方式
最大薪長:35cm
定価:572,400円(税込)

画像右
ネスターマーティン
NESTOR MARTIN (ベルギー)
暖房方式:幅射式
燃焼方式:WOODBOX多次燃焼方式
最大薪長:50cm
定価:729,000円(税込)


【薪代を節約するために…】

薪ストーブKONOKAで施工した方には、
針葉樹の端材を無償でわけてもらえます。
(端材は在庫状況により、提供出来ない場合も)

薪①
薪②


薪販売店による薪の価格は、1束300円(未乾燥)
1束450円~(乾燥)


薪棚

薪棚

乾燥させた薪は高価になるので
未乾燥の薪を購入して、自分で乾燥させると薪代が安くなります。
薪棚で乾燥させます。


【初心者が気をつけることは?】

1.火災にならないために
煙突は専門業者に依頼して
適切に設置する。

2.適切な燃焼を知らなければ、薪ストーブの寿命を縮めることになる。 (針葉樹の薪を燃やす場合は、高温になり過ぎることがある)

煙突施工例


【その他、便利なもの】

掃除用ツール

掃除用ツール

ヴィンテージツールセット
13,000円


焚きつけ用の薪をつくる道具

掃除用ツール

キンドリングクラッカー
22,000円


 薪ストーブは住居に合わせたデザインで選ぶ方が多いそうです。価格は一般的な薪ストーブで約20~60万円。暖房方式の違いや、使用できる薪の最大長などが異なっています。また、料理できるタイプの薪ストーブもあります。
 必ず必要になるものとしては、煙突があり、施工料金も含めると約60~120万円(定価)ほどかかります。高価なものですが、炎を眺めていると心まで安らぎます。ロマンがありますね。



薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)

取材協力:薪ストーブKONOKA(コノカ)
住所 福井県越前市平出2−1−23
電話 0778-24-5888
営業時間 平日 9:00~18:00、土・日 9:00~17:30
定休日  ホームページの営業カレンダー参照
駐車場 あり
薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)薪ストーブ専門店 KONOKA(コノカ)









(Visited 25 times, 23 visits today)
カテゴリ:住まい, 暮らし

 





コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ