福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > 暮らし > 健康 > 福井の気になるココ・モノ Vol.07 医療支援ロボット ダビンチXi
 

関連する記事:,
カテゴリ:健康, 暮らし

福井で気になった場所や物を紹介します。

第7回目は、手術支援ロボット「ダビンチ」についてです。
2015年9月に最新型のXiが福井赤十字病院に導入されました。

ダビンチXiの導入

福井赤十字病院

(福井県福井市月見)


福井赤十字病院

 2015年9月、福井赤十字病院に手術支援ロボット「ダビンチ」の最新型が導入されました。
 ダビンチは、腹腔鏡下手術に適合する手術(肺がん、胃がん、直腸がん、子宮がん等)に使用できますが、現在の保険適用は前立腺がんのみです。
 福井赤十字病院では、主に前立腺がん手術を対象にトレーニングを経て、2016年1月からの稼動を予定しています。
 では、ダビンチが運用されることで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。取材しました。

50過ぎの男性は要注意!
 急増する前立腺がん

 高齢化に伴い急増している前立腺がん。2020年以降に男性では罹患率の一番高いがんになることが推測されています。男性で50歳を過ぎたら、前立腺がんを早期発見できるPSAという血液検査を受けてください。
 人間ドックのオプションで受けられる診療所もあります。


手術支援ロボット ダビンチとは・・・

福井赤十字病院

 米国インテュイティヴ・サージカル社が開発した内視鏡下手術用の医療用ロボット。
4つのアームと1つの3Dカメラを搭載し、アームのカセットを交換することで、様々な処置を行うことが出来る。
術者(ドクター)は数m離れた場所に置かれたコンソール(操作盤)に座って操作を行う。
日本全国では大学病院を中心に約200台導入されている。
最新モデルは第4世代となるダビンチXi。



掲載内容は2015年11月号の取材・発刊時のものです。


(Flash 版)







カテゴリ:健康, 暮らし

 


Pages: 1 2



  1. まだコメントはありません。ぜひ最初のコメントをお願いします。



コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ