福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > グルメ > ステーキ・焼肉・焼鳥 > いきなり!ステーキ 福井に初上陸!
 

関連する記事:
カテゴリ:お知らせ, グルメ, ステーキ・焼肉・焼鳥

いきなり!ステーキが福井に初上陸!

福井県福井市大和田 いきなり!ステーキ福井大和田店 1/2


いきなり!ステーキ福井大和田店

7/26に福井県福井市大和田に「いきなり!ステーキ 福井大和田店」がOPENしました!「いきなり!ステーキ」は立ち食いスタイルを導入したステーキ界の革命児!圧倒的な安さとボリュームをうたい全国で拡大中のステーキチェーン店です。
石川県小松市のイオンモール新小松内で連日行列になったことでも話題となり、福井県民も今か今かとOPENを待ちわびていたはず。ついに福井県にも、全国136店舗目となる「福井大和田店」の誕生です!


いきなり!ステーキ福井大和田店

真っ先にステーキを味わうことから「いきなり!ステーキ」の名前が付いた同店。天晴本舗取材班はオープン前日のレセプション前に潜入してきました。会場には株式会社ペッパーフードサービス 代表取締役社長の一瀬邦夫さんや、FC契約を結んだイワシタ商事株式会社の岩下社長、運営元のイワシタフードビジネス株式会社の高橋社長などが来店。一瀬社長は「こんな値段で食べられるんだという感動を与えてください」とスタッフを鼓舞していました。


いきなり!ステーキ福井大和田店

よ~く見てください。「いきなり!ステーキ」の看板に、「!」ではなく、ロケットマークが入っていることに気づきますよね。なぜロケットなんだろうと思い、株式会社ペッパーフードサービス取締役の川野さんに理由を聞いてみました。すると、「ステーキ業界の常識を超えて未知の領域を目指すといった想いが、このロケットに込められているんです」と教えてくれました。なるほど、ステーキ界の革命児はロケットかの如く、ものすごいスピードで全国に広がりを見せているわけですね。


 いきなり!ステーキの店舗概要

いきなり!ステーキ福井大和田店

同チェーン店は「ペッパーランチ」や「炭火ステーキ・くに」などを運営する株式会社ペッパーフードサービスが展開する新しい店舗ブランドで、ステーキのお肉を1グラム単位で注文し、その場で切り落としたお肉を炭火で焼いて提供するスタイルのお店です。


いきなり!ステーキ福井大和田店

創業者はタペストリーに掲げられている一瀬邦夫さん。現在75歳。美味しいお肉をお腹一杯味わっていただきたいと、2013年に立食形式の低価格ステーキハウス「いきなり!ステーキ」をOPNEさせました。銀座1号店を皮切りに東京都では現在68店舗を展開。どんどん全国に勢力を伸ばし、2017年2月にはニューヨークで海外初出店、2017年3月には石川県小松市で北陸初出店を果たしました。


 いきなり!ステーキの店内

いきなり!ステーキ福井大和田店の店内

さて、福井大和田店は一体どんなお店なのでしょうか。店内は椅子席メインの全68席。各テーブルにはフォークとナイフ、メニュー、調味料がスタンバイされています。まず入口で番号札をもらい、受け取った番号札を持って店内にあるオーダーカウンターへ行き、番号札を渡してシェフに希望の肉の種類とグラム数、焼き加減を注文します。「リブロース300g、レアでお願いします」など。お肉によって最低オーダーカットグラム数が決まっているので、メニュー表で確認しましょう。


いきなり!ステーキ福井大和田店

ファミリーレストランで提供されるステーキは200g前後が主流。しかしいきなり!ステーキでは最低グラム数が300gからのものが多く、ボリュームとインパクトは相当なものです。「お肉は厚ければ厚いほどうまいんです」と話すのは、店長の牛木さん。分厚くカットしたお肉を強火で焼くことで、肉汁をたっぷり閉じ込めた最高のステーキが味わえるからだそうです。


 いきなり!ステーキのオーダーカット

いきなり!ステーキ福井大和田店のオーダーカット

カット場や焼き場と呼ばれる調理場は、ガラス張りで中が見えるようになっています。これから食べるお肉がどうカットされるかの様子が見えるのはとても楽しいです。
カットマンはペッパーフードサービス本社にて3か月間研修を行い、実践を積んだ方しかなれません。塊のまま目の前でオーダーカットする様子は圧巻です。カットマンはオーダーしたグラムめがけて包丁を慎重に入れていきます。


いきなり!ステーキ福井大和田店のオーダーカット

しかし人間が感覚で行う作業なので多少誤差が生じる場合があります。今回も400gのオーダーでしたが、424gで
した…惜しい!切り終えたあとに「このグラム数でよろしいでしょうか?」としっかり確認を取ってくれるので、とても親切です。切り直しももちろんOKです。

切れ端は、乱切りカットステーキという形でメニューにも記載してあります。様々なお肉の部位が入っているので、食感やいろんなお肉を食べることができるお得な商品といえそうですね。


いきなり!ステーキ福井大和田店のオーダーカット

使用される牛肉は、主に米国CAB協会認定されたアンガス牛サーロインステーキ、豪州産ヒレステーキ、リブロースステーキ、本格熟成国産牛サーロインステーキです。
一番人気はリブロースステーキだそうで、鮮度管理された塊肉からカットして、カット場の隣にあるロースターですぐに焼き上げてくれます。


 ステーキ肉は炭火で焼き上げるから旨い!

炭火で焼き上げる

分厚いステーキ肉は見ているだけでテンションが上がります。そして、焼き上げるシーンも見事なものです。オーダーカットされたステーキ肉は、専用のチャコールで焼き上げます。使用される鉄板は設定温度で切れるセンサーが付いた特許取得の専用品で、100℃~260℃の温度幅の中、溶岩の遠赤外線でじっくり焼き上げ炭で香りづけをします。焦がさないよう焼く位置を変えながら焼く様子をずっと見続けていると、もう野生の本能が目覚めそうです。


いきなり!ステーキ福井大和田店のオーダーカット

もちろん焼き加減なども選べますが、レアが一番オススメ。一番柔らかい状態で最高においしく食べることができるのだそうです。焼き加減、グラムにより前後しますが、焼き上がり時間は300gレアで5分程です。


 いきなり!ステーキ福井大和田店 店長紹介

店長

いきなり!ステーキ
福井大和田店

店長
牛木 隆文さん

美味しいステーキを、もっと身近に、もっとたくさんの方に楽しんでいただきたい!という思いで、最高の状態の炭焼ステーキをご提供しております。分厚いステーキ肉をお腹いっぱい食べる喜びを…ぜひ皆様にお届けしたい一心で頑張っております!
ご来店をお待ちしております!












関連する記事:
カテゴリ:お知らせ, グルメ, ステーキ・焼肉・焼鳥

 


Pages: 1 2



  1. まだコメントはありません。ぜひ最初のコメントをお願いします。



コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ