福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > グルメ > 和食 > そば > 「天晴本舗」創刊10周年記念企画『そばのこと』 其の九 生蕎庵(ききょうあん)
 

関連する記事:, ,
カテゴリ:そば, グルメ, 和食

天晴本舗 10周年記念企画
1.そばのこと

天晴本舗は、今年で創刊10周年を迎えました。
これもひとえに読者の皆様に支えられてきたおかげです。
ありがとうございます。

今回は当時の懐かしい企画、
そばのこと を復活させました。


掲載内容は2016年09月号の取材・発刊時のものです。


(Flash 版)



福井県内の蕎麦屋さんを巡り
お蕎麦のこと、いろいろ聞いてみる企画です。

第九回目は、越前市千原町の「生蕎庵(ききょうあん)」さんです。

そばのこと 其の九 生蕎庵
福井県越前市 千原町

もりそば 750円(税込)

  • 蕎麦
  • 蕎麦


  • 「もっとおいしいそばがあるんじゃないか。そう思ったんです。新そばのおいしさもありますが、管理された環境で寝かせたそばのおいしさは格別です。」
     新そばを扱う12月以外、蕎麦は2年以上の熟成ものしか使わないという珍しいお店。石臼挽きの自家製粉で十割そば。といえばこだわりのそば屋に聞こえようが、そのこだわりは想像以上だった。
     その時のそばの状態を確認しながら最適なブレンドを考えているということで、いつも同じものはない。この時は、ピロール農法で栽培された4年熟成のそばが使われていた。そばつゆではなく、塩をふって店主の熟成そばを食べてみた。かみしめる毎に繊細なそばの香りが広がっていく…。穀物の旨味を感じる深みのある蕎麦だった。
  • 蕎麦

  • 山崎 吉則 さん 57歳
    そば打ちを20代から趣味にしていた越前市出身の店主。42歳で脱サラして大阪でそば屋を友人と開業。その後、そば作りをしたいと福井に戻り、越前市でそばの栽培とそば打ちができる環境に身をおき、そばの研究に没頭する。平成27年12月に生蕎庵を開業する。




掲載内容は2016年09月号の取材・発刊時のものです。


(Flash 版)




蕎麦

蕎麦:もりそば用の玄そば

あわら市産4年熟成のそばと
大野市産の2年熟成のそばをブレンド
※使用するそばはその時によって変更があります


蕎麦

蕎麦:おろしそば用の玄そば

越前市産のそば2種と
熊本県産のそばをブレンド
※使用するそばはその時によって変更があります


蕎麦

おろしそば 680円

福井名物のおろしそば。
太めのおそば。昔ながらの野趣あふれる味わいに仕上げられています。






生蕎庵 越前市生蕎庵 越前市

生蕎庵  ききょうあん

福井県越前市千原町7-7
0778-42-0589
営業時間 平日  11:30-17:00
     土日祝 11:30-18:30
定休日 火曜日、第三水曜日





カテゴリ:そば, グルメ, 和食

 


福井さんちの食べ本

-PR- 福井の飲食店検索サイト
福井さん家(ち)の食べ本
福井のランチディナーパン屋ケーキなどのクチコミ情報も!お店に迷ったときは福井さんに聞いてください。



  1. まだコメントはありません。ぜひ最初のコメントをお願いします。



コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ