福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > グルメ > 和食 > そば > そばのこと 其の四 ハーネス河合
 

関連する記事:, ,
カテゴリ:グルメ, そば, 和食

福井県内の蕎麦屋さんを巡り
お蕎麦のこと、いろいろ聞いてみる企画です。

第四回目は、福井市河合地区の
そば粉加工所・そば粉研究所を扉に掲げる「ハーネス河合」さんです。

そばのこと 其の四 ハーネス河合
福井県福井市山室

福井市河合地区のそば)

  • 蕎麦
  • 蕎麦



  •  そば粉加工所・そば粉研究所を扉に掲げる「ハーネス河合」。福井市北部に位置する河合地区で生産されるそばは、日本各地からひきあいがある。東京の老舗そば店、山形、静岡などの専門店と取引があり、高品質なそばとして徐々に認知されている。もちろん、地元福井でもそば専門店で使われている。
     こちらの強みは、そばの生産から、収穫・乾燥・脱穀・製粉まで一貫して手がけていることだ。平成23年度には乾燥施設と製粉所を新設。さらなる高品質のそばを目指して試行錯誤を重ねている。
    「ようやく良いそばができる環境が整いました。これからもより良い畑の土づくりに取り組み、排水性を高めることも課題です」。
     飛騨高山から縁あって譲り受けた石臼と、自作の製粉機。そこから舞い落ちる淡い緑色のそば粉。水戸守氏のそばを見つめる目は、少年のように輝やいていた。
  • 蕎麦
  • ハーネス河合企画開発部長
    水戸守 一
     55歳
    福井市北部「河合地区」の農家148戸が参加するハーネス河合。大型の農業機械を導入し、効率的に米、そば、大麦、小麦を生産している。水戸守さんは、そばの全てに携わり、石臼の挽き加減の調整など、常に高品質なそばづくりのために奮闘している。




掲載内容は2013年11月号の取材・発刊時のものです。


(Flash 版)



蕎麦:福井県 河合地区
 玄そば(左)
 丸抜き(右)

  • 蕎麦
  • 蕎麦



ハーネス河合で生産される玄そばと丸抜きのそば。収穫されたそばは、品質低下をさけるため、大型の冷蔵庫に貯蔵。5℃で管理され、出荷時に加工される。
 自家製粉しているそば店には、玄そばの状態で納品。お店の要望により、丸抜きや製粉して対応している。安定した高品質のそばを目指し、挽きぐるみや粒度が異なるそばのブレンドを試している。

  • 蕎麦
  • 蕎麦



ハーネス河合
農事組合法人ハーネス河合福井市山室町2-11
0776-55-1504
そば担当直通:水戸守(みともり)
http://www.hearnes-kawai.com/






(Visited 39 times, 2 visits today)
カテゴリ:グルメ, そば, 和食

 




  1. osamu ushida 投稿日時 2017年10月22日

    毎年、早狩り蕎麦、もちろん夏蕎麦も首を長くして蕎麦友は
    もちろん、蕎麦を食べて頂いている娘、息子家族、親戚、友人、
    近所の人が心待ちしている新そばの季節が近付いてくるとワクワク
    感でいっぱいです。楽しみにしてま〜す‼️

    • tenseihonpo 投稿日時 2017年10月23日

      osamu ushida様、コメントありがとうございます!
      ハーネス河合さまにお伝えしておきます。


ページトップへ サイトトップへ