福井のWEBマガジン『天晴本舗』 > 企業・リクルート > 投資家デビューを考えるならNISAがおすすめ  ~福井でも株主優待やってみよ
 

関連する記事:
カテゴリ:企業・リクルート

投資家デビューを考えるならNISAがおすすめ

一般・一定口座の場合には、上場株式や株式投資信託等の配当金及び売買益等の税率が約20%かかりますが、NISA口座なら年間100万円まで非課税です!詳しくはおすすめ理由をご覧ください。



非課税でお得!
NISA(少額投資非課税制度)とは、その名の通り、上限が決められた少額の上場株式や株式投資信託の配当金及び売買益等を非課税にする制度のこと。
一般・一定口座の場合には、上場株式や株式投資信託等の配当金及び売買益等の税率が約20%かかりますが、NISAなら非課税です!
※上限と決められた枠内が条件

NISAなら非課税

Webマガジンを開く(flash版)

福井の株主優待



ロングスパンで大活用!
NISA口座で投資できる金額は
年間100万円まで、非課税期間は5年間
NISA口座は、年間100万円まで5年間投資ができるので、最大500万円まで非課税投資が可能です。また、非課税期間の終了後には、新たに設けられる非課税枠に100万円まで移管することもできます。したがって新たに設けられる非課税枠を活用することで、最長10年間非課税投資が可能になるのです。
ロングスパンで大活用!

1人につき1口座!

NISA口座の開設数
1人につき1口座
NISA口座では、特定口座や一般口座との損益通算はできません。したがって投資を考える今、口座を開設するならNISAなのです。(現在、証券会社などに口座(特定口座、一般口座)をお持ちの方も、新しく「NISA口座」を開設することができます。)

詳しくはお問い合わせください
 益茂証券  [TEL] 0776-23-2830(代)

参照:剛力彩芽のNISAラクラクWEB
http://www.jsda.or.jp/nisa/cp/

上記サイトは終了しているため、
NISAについては以下をご利用ください。

みんなにいいさ!NISAがいいさ!
http://www.jsda.or.jp/nisa/index.html



『福井でも! 株主優待 やってみよ。』
1. 株主優待を受けるためのスタートラインに立つには?  証券マンに聞きました【VTR付き】
2. 最低限押さえておきたい専門用語とその意味 次の銘柄紹介を見る前にチェック!
3. 福井県内でも活用できる株主優待をご紹介 様々な業種から厳選した13銘柄






NISAの主な制度上の留意事項
①NISA口座は、全ての金融機関で1人1口座しか、開設できません。
NISA口座は、全ての金融機関で1人1口座しか開設できず、他の金融機関にNISA口座の上場株式や株式投資託等を移管することはできません。また、NISA口座を開設した金融機関でお取り扱っていない金融商品を購入使用としても、NISA口座を開設している期間中は他の金融機関にNISA口座を開設することはできません。
※NISA口座を開設できる期間は3つに分かれています。
 1,平成26年1月1日~平成29年12月31日までの期間(4年間)
 2,平成30年1月1日~平成33年12月31日までの期間(4年間)
 3,平成34年1月1日~平成35年12月31日までの期間(4年間)

NESA口座と特定口座や一般口座との損益通算はできません。
NISA口座における配当金や売買益等は気化性となりますが、その一方で売買損失はないものとされます。特定口座や一般口座で保有する他の上場株式や株式投資信託等の売買益等との損益通算は認められません。
また、NISAの非課税期間が終了した時に、新たにNISA口座や特定口座・一般口座に上場株式や株式投資信託を移管する場合には、その上場株式や株式投資信託等の取得価額は、移管日・支払日における時価となり、払出日に価格が下落したときにも、当初の取得価額と払出日の時価とのか差額に係る損失はないものとされます。

③NISA口座で一度売却すると、非課税投資額の再利用はできません。
上場株式や株主投資信託等を売却した場合、その上場株式や株式投資信託等を買付けた際の投資額(買付代金)は、再度、非課税投資額として利用できません。新たに上場株式や株式投資信託等の買付けや再投資(自動買付)を行えば、その分の非課税投資枠が減少することになります。

④上場株式の配当金等を非課税とするには、証券会社で「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があります。
上場株式の配当金や、ETF、REITの分配金について非課税の取扱いを受けるには、証券会社で「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があります。一方、郵便局の窓口や銀行の預金口座で配当金等を受ける場合は、課税扱いとなります。

参照:剛力彩芽のNISAラクラクWEB
http://web.archive.org/web/20140210073536/
http://www.jsda.or.jp/nisa/index.html

上記サイトは終了しているため、
NISAについては以下をご利用ください。

みんなにいいさ!NISAがいいさ!
http://www.jsda.or.jp/nisa/index.html




(Visited 1 times, 1 visits today)
カテゴリ:企業・リクルート

 




  1. まだコメントはありません。ぜひ最初のコメントをお願いします。



コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。


ページトップへ サイトトップへ